ベジタスの特徴

栄養価 Nutritive value

ベジタスのβ-カロテン含有量

『ベジタス』は標準的な玉レタス(土耕栽培)※
と比較して、β-カロテンを多く含み、「緑黄色野菜」の基準(β-カロテンの含量600µg/100g以上)をクリアしていることから、「緑黄色野菜」に分類されます。

※日本食品標準成分表2015年版(七訂)

形 Form

『ベジタス』は完全閉鎖型の工場で水耕栽培されているので、虫食い、汚れの心配がありません。
また、栽培期間中は、農薬を一切使っておりません。

ボリューム Volume

外葉も芯も食べられる『ベジタス』。廃棄する部分がほとんどないので、生ごみの減量が期待できます。

味 Taste

『ベジタス』には葉物野菜独特の「えぐみ」が少ないのが特徴です。また、シャキシャキ感、パリパリ感がありながら繊維質はやわらか。幅広い年代の方に召し上がっていただけます。

鮮度 Freshaness

『ベジタス』は、収穫からお店に陳列されるまで、10℃以下の低温環境で管理されています。
収穫されたあと、「低温配送車」によって配送され、店頭では冷蔵ケースにて陳列・販売されています。途切れることなく低温状態を保つ「コールドチェーン」という物流システムで、新鮮でおいしい『ベジタス』をお届けしています。

鮮度 Freshaness

株ごと袋詰めされた『ベジタス』の葉先が見えるデザイン。商品ごとにリーフの食感と形をイメージしたモチーフとカラーで、4種類の区別がしやすくなりました。また、亀甲(きっこう)柄をあしらい、『ベジタス』の産地である京都らしい和の要素を盛り込んでいます。

ベジタスのパッケージ

  • サイトマップ
  • 会社情報
  • お問い合わせ