HISTORY

ベジタスの歴史

2006

スプレッド設立

植物工場事業を行う株式会社スプレッドを設立し、マンションの1室で栽培実験をスタート。

2007

亀岡プラント稼働開始

大規模な人工光型植物工場の成功は前例がない中、次世代につなぐ持続可能な農業を目指して操業開始。

2008

ベジタス販売開始

「VEGE+(タス)」と表現したロゴマークを採用。「新野菜」として売り場にデビュー。

ベジタス水菜販売開始

特に外食産業からの反響が大きく生産が追い付かないほど。

※ 現在は販売していません。

2009

パッケージリニューアル

増産に合わせレタスが良く見えるデザインにパッケージをリニューアル。
食べ方や安全性、食感を記載してベジタスの魅力を全面にアピール。

2010

ベジタスmini 販売開始

「工場野菜に革命を」というコンセプトのもと、当時はワンコイン(100円)という価格と使い切りサイズで認知度がアップ。

2011

カラフルなパッケージにリニューアル

野菜のパッケージには珍しいピンク色を採用し話題に。ランチョンマットに見立てたデザインで、野菜がプラスされた健やかな食卓を表現。

2012

ベジタスカップ販売

もっと手軽にベジタスを食べてもらえるよう開発。ワンコインで食べられる高品質なサラダとしてテスト販売。
※ 現在は販売していません。

2013

2000万食突破!

2014

ベジタスロゴマークリニューアル

かわいらしさと元気あふれるデザインで、ブランドコンセプト「おいしい・キレイ・元気!ビタミンレタス」を表現。

2015

3000万食突破!

2016

パッケージリニューアル

レタスの葉先をイメージした幾何学模様デザインにリニューアル。視覚的に品種がわかる、ユニバーサルデザインに。

2017

4000万食突破!

2018

ベジタスフリンジレタス登場

根元をちぎるだけで葉っぱ全体がほぐれる「フリンジレタス」を新たにラインアップ。
サラダ作りがもっと簡単に!

テクノファームけいはんな稼働開始

世界初の大規模自動化植物工場として新たな野菜作りに挑戦。

5000万食突破!

2019

ベジタスブランドリニューアル

「パッとおいしく美しく」をコンセプトに、みずみずしく毎日を彩る華やかなデザインに。